So-net無料ブログ作成
検索選択

「三省堂国語辞典のひみつ」 [最近読んだ本]

 

「三省堂国語辞典のひみつ 辞書を編む現場から」  飯間浩明著
新潮社 新潮文庫  2017年02月01日刊 2017年02月20日第2刷  550円+税

 

  面白い。三省堂国語辞典は、「『要するに何か』がわかる辞書」を標ぼうしているとともに、新しい語に強いとも言われている。見出し語として何を採り上げるかから、語釈の付け方、意味の変遷など実に興味深い。「三国」を買いたくなった。 

DSC_4823 (1).jpg 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

近くを散歩 2017-03-17 [日記]

春の到来

  気温も上がり、春の到来を感じる。 

P1010444 (1).jpg
P1010450 (1).jpgP1010455 (1).jpg
P1010463 (1).jpg
P1010478 (1).jpg
P1010476 (1).jpg
P1010460 (1).jpg 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

ドライフルーツ [最近買ったもの]

ドライフルーツ 国産りんご 170g  @軽井沢きなり さいたま都心

  初めて寄ったお店、試食したらとてもおいしかったので買ってきた。パッケージに書いてあるとおり、甘さと酸味のバランスもいいが、何より柔らかすぎず、硬すぎずの食感がいい。税込み1,180円は少々いいお値段ではある

DSC_4822 (1).jpg 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

「新おくのほそ道」 [最近読んだ本]

 

「新おくのほそ道 日本の心 現代日本写真全集 4」  高梨豊著
集英社  1982年01月21日刊  4,800円

 

  芭蕉が旅した奥の細道をたどり、主だったところの風景を切り取る。第11回配本。 

 DSC_4815 (1).jpg

DSC_4818 (1).jpg
立石寺: 閑さや岩にしみ入蝉の聲

DSC_4820 (1).jpg
月山: 雲の峯幾つ崩て月の山 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

真冬のイギリス420Km [最近見たテレビ番組]

GREAT RACE イギリスの大荒野 厳寒のノンストップレース 420Km」    @NHK BS1

  1月、イギリスの背骨と言われる山岳地帯420Kmを7日間で走るSpine(スパイン)と呼ばれるレース。累積標高差は26,000mになる。12の国から113人がエントリー。選手は気温氷点下、冷たい雨や雪、突風、泥濘のコースに悩まされる。食事がとれたり、仮眠できるチェックポイントはわずかに5か所、およそ70から90Km間隔。ステージレースではないため、トップ選手はほとんど睡眠をとることなく走り続ける。有力な優勝候補は実績のある3人とみられていた。チェコのバベル、アイルランドのイエン、スペインのユージーニ。イエンは転倒した際肋骨骨折でリタイア、バベルとユージーニは最終盤にペースダウン、睡眠時間を削りすぎたか。優勝は最後に逆転した無名の新人イギリスのトム。チェックポイントごとに睡眠をとる作戦が功を奏したようだ。タイム99時間25分、4日と少しで走り切った。2位バベル100時間54分、3位ユージーニ101時間46分。ロンドン銀行に勤めるという川上恵巳子はチェックポイントでの時間制限にかかり無念のリタイア。今回の放送ではトップ選手を負う時間が大半で、他の多様な参加者を取り上げる時間が少なかったのが惜しまれる。

 スパイン_3.jpg
スパイン_1.jpg
スパイン_4.jpg
スパイン_5.jpg
スパイン_6.jpg
スパイン_9.jpg
スパイン_11.jpg
スパイン_12.jpg
スパイン_13.jpg


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

「報い」 [最近読んだ本]

 

「報い  警視庁追跡捜査係」  堂場舜一著
角川春樹事務所 ハルキ文庫  2017年02月18日刊  730円+税

 

  警視庁追跡捜査係シリーズは何冊も出ているようだが初めて読んだ。追跡捜査係とは未解決事件を改めて捜査する部署という設定。沖田と西川という、性格も捜査のやり方も違う二人の刑事が未解決事件に取り組む。容疑者につながると思える人物が次々と殺される事態に。いくつかの事件が複雑に絡み合うが、終わり方がすっきりしない。これで解決なのという感じ。
                             (図書館から借りた本) 

DSC_4813 (1).jpg 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

「新 日本言語地図」 [最近読んだ本]

 

「新 日本言語地図 -分布図で見渡す方言の世界-」  大西拓一郎編
朝倉書店  2016年12月15日刊  6,000円+税

 

  国立国語研究所の共同プロジェクトで行った全国方言分布調査の結果を項目ごとに分布図にしたもの。専門家向けの研究書である。もとより専門家ではないので単に興味本位で見た。例えば質問文、「このあたりで普通ニクと言ったら、どの肉のことをいいますか」では、東日本は豚肉、西日本は牛肉とはっきりわかれている。ジャガイモについてはジャガイモ、ジャガタライモがほぼ全国に分布しているが、岩手にはゴショイモがあり、福島茨城ではカンプラ、中国地方にはキンカという名前がある。カンプラもキンカも聞いたことがない。明後日の次の日は、西日本ではシアサッテ、東日本ではヤナサッテが多く分布している。私は千葉県の出身だが、3日後はシアサッテ、4日後はヤナアサッテだ。モノモライもメバチコやメボ、メコジキなどおよそ70も呼び方がある。             (図書館から借りた本)

DSC_4812 (1).jpg 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

「季語で読む徒然草」 [最近読んだ本]

 

「季語で読む徒然草」  西村和子著
飯塚書店  2016年09月20日刊  1,600円+税

 

  四季の季語72を取り上げ、徒然草の中から関連する部分を抜き出し、著者の思いも交えてつづったもの。秋草の項では次のところを引用している。「秋の草は、荻、すすき、きちかう、萩、女郎花、ふぢばかま、しをに、われもかう、かるかや、りんだう、菊、黄菊も。つた、くず、朝顔」。名をあげていくだけでも日本の秋の野や庭がいかに美しく趣深いものか、改めて知らされる思いがする、と。          (図書館から借りた本) 

DSC_4807 (1).jpg 


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

「日本史」 [最近読んだ本]

 

「いっきに学び直す日本史 近代・現代【実用編】」 安藤達朗著
東洋経済新報社  2016年03月31日刊 2016年05月27日第3刷  1,800円+税

 

   享保の改革から1980年代までの通史。とにかく通読したというところ。中身が濃い。随所に世界の動きとの関連も記述されているのがよい。また解説、整理、ポイントなどはわかりやすく、理解の助けになる。もう1冊【古代・中世・近世 教養編】も買ってあるがまだ手がついていない。

 DSC_4803 (1).jpg


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

近くを散歩 2017-03-08 [日記]

春近し

  快晴無風。日差しが優しい。椿、梅、桜、菜の花・・・。 

P1010389 (1).jpg
P1010421 (1).jpg
P1010417 (1).jpg
P1010413 (1).jpg
P1010407 (1).jpg
P1010399 (1).jpg
P1010422 (1).jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ: