So-net無料ブログ作成
最近(ビデオで)見た映画 ブログトップ

「人間の壁」 [最近(ビデオで)見た映画]

 

「人間の壁」   監督:山本薩夫  主演:香川京子、宇野重吉、
1959年/日本/モノクロ145分/大映

 

  石川達三の同名小説の映画化作品。佐賀県の小学校を舞台にした社会派人間ドラマ。当時導入された勤務評定に対して教職員組合の反対闘争が起こった。5年生の担任になった志野田先生(香川京子)は貧しくて学校に来られない子供や、事故で亡くなった子供に心をいためながら一生懸命に子供たちと向き合っている。そんな時共働きだからと退職勧告を受ける。県の財政難を教員の削減で補おうというのだ。夫は組合の役員で委員長選挙に立候補するも破れ、家を出て行ってしまう。同僚教師の「追放事件」もからみ、女教師たちも団結して声を上げるようになる。映画の中では沢田先生(宇野重吉)のクラスの脚の悪い子が作文を読む場面が一番泣かせる。石川達三はほぼ同時代のことを新聞小説として書いたのだ。中学生の時にこの小説を読んだ覚えがある。初めて出会った本格的な小説だった。確か3分冊の文庫本だったが残念ながら今は手元にない。 

IMG_5154a.jpg 

IMG_5160.jpg 


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

「風の丘を越えて」 [最近(ビデオで)見た映画]

 

「風の丘を越えて -西便制-」 原題: 서편제(ソピョンジェ)  監督: 임권택(イム・グォンテク)
主演: 오정해(オ・ジョンヘ)、 김명곤(キム・ミョンゴン)、 김규철(キム・ギュチョル)
1993年/韓国/113分  ビデオ発売:日活 3,800円+税

 

  職場の先輩からこの映画の話を聞いてすぐに見に行ったのは1994年のこと。銀座の映画館だったと思う。パンソリという口唱芸能、四季折々の美しい風景が強く印象に残った。私が韓国に興味を持つきっかけとなった映画だ。先日この映画の原作を読んで、もう一度映画を見ようと思った。たしかビデオがあったはず。見つかった、1998年に日活から発売されたもの。若い人は知らないであろうビデオデッキが我が家ではまだ健在。旅芸人の親子3人が、石垣の道を珍島アリランを唄いながら歩いてくる有名な場面がある。2008年4月にこの場面が撮影された韓国南海の島「青山島」(チョンサンド)を訪れたことを思い出した。 

西便制_2.jpg
旅の途中で楽しそうに唄い踊る3人 

IMG_4922a.jpg
VHSビデオテープ 

img120.jpg
 서편제(西便制)撮影地の碑 @青山島

img121.jpg
青山島の石垣の道 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:
最近(ビデオで)見た映画 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。