So-net無料ブログ作成

「馬賊の『満洲』 張作霖と近代中国」 [最近読んだ本]

「馬賊の『満洲』 張作霖と近代中国」  澁谷由里著
講談社 講談社学術文庫  2017年06月09日刊  940円+税

  私の中で馬賊と言えば、伊達順之助、小日向白郎。ずいぶん昔テレビドラマにもなった。また小説などでも読んだ。そんなごく一般的(?)な感覚でとらえる馬賊と違い、当時なぜどうして馬賊が生まれたのか。その中で張作霖は軍閥の長から張作霖政権を樹立する。本書では日本との関係も含め重厚な考察が進められている。政権当時内政を取り仕切ったとされる王永江については、ほとんど知るところがなかったので、興味深かった。250ページほどの本だが、読みでがあった。

DSC02178 (1).jpg

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。