So-net無料ブログ作成

「新・雨月 上」 [最近読んだ本]

「新・雨月 戊辰戦役朧夜話 上」  船戸与一著
徳間書店  2010年02月28日刊  1,900円+税

  慶応4年3月~6月、西軍は会津に迫る。会津、仙台、米沢、長岡など奥羽越同盟軍はいかに迎え撃つか。長州の物部春介は間諜として情報収集や一揆をそそのかすなど、いわば裏の活動をしている。この俊介が狂言回しの役割。以前読んだこの著者の「満州国演義」に話の進め方がそっくりだ。少し気になるのは「情報」という言葉。本文中に出てくるのはいいとして、会話の中に出てくるとどうも落ち着かない。この言葉は明治以降に使われ始めたと思われるからだ。                          (図書館から借りた本)

DSC01386 (1).jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。