So-net無料ブログ作成
検索選択

「ライオンと蜘蛛の巣」 [最近読んだ本]

ライオンと蜘蛛の巣」  手嶋龍一著
幻冬舎  2006年11月10日刊  1,500円+税

  インテリジェンスにまつわる29篇。私たちの身近にはいないさまざまな人の話が面白い。「過去に真摯に向かい合おうとしない者は、未来を構想する能力をいつかは摩滅させてしまう」。「戦略なき同盟ほど国家の安全保障に災厄をもたらすものはない」。「国家が欲する情報に安易に迎合しない、そうしたインテリジェンスには、独自の生命力が宿っている」。この本のタイトルには「インテリジェンスのかぼそい糸のネットワークは百獣の王をも捕らえる」という意味がこめられているのだとか。       (図書館から借りた本)

DSC00536 (1).jpg


    今日のおまけ:

DSC00590 (1).jpg

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ: