So-net無料ブログ作成

「なぜ私は韓国に勝てたか」 [最近読んだ本]

「なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿恵政権との500日戦争」  加藤達也著
産経新聞出版  2016年02月02日刊 2016年02月08日第3刷  1,400円+税

  セウォル号事故当日の朴槿恵大統領の動静について、あるうわさがあると朝鮮日報の記事を引用する形で書いたネット版の記事。空白の7時間といわれたことについて大統領府は明確にしていない。著者は名誉棄損で告発されたが、告発したのは第3者。当人でなくても名誉棄損を提起できるとは韓国の法律は面白い。裁判記録も収録されていて、読むと検察はよくこれで公判が維持できたものだと思えるほど。虚偽だ、誹謗中傷だと無理筋ばかり。法律よりも国民感情が優先されるという韓国は「情治主義」とさえ言われている。(図書館から借りた本)

DSC00314 (1).jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。