So-net無料ブログ作成

「熊撃ち」 [最近読んだ本]

 

「熊撃ち」  吉村昭著
筑摩書房 ちくま文庫  1985年12月04日刊 2016年04月05日第5刷  600円+税

 

  実際に起こった熊による人身被害と、その熊を倒すために山に入った熊猟師の取材を元にした短編7篇を収録。タイトルはそれぞれ「朝次郎」、「菊次郎」など猟師の名前だ。舞台は6篇が北海道、1篇が富山県となっている。彼らがどのように熊を追い、いかに立ち向かったか。彼らの生い立ちも様々だ。1970年ごろに発表された作品。著者はこの後に長編「羆嵐」を書いている。 

DSC_5202 (1).jpg 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。