So-net無料ブログ作成

「ウラジオストクから来た女」 [最近読んだ本]

 

「ウラジオストクから来た女 函館水上警察」  高城高著
東京創元社  2010年10月29日刊  1,600円+税

 

  タイトルと表紙にひかれて借りてきた本。明治20年代の函館水上警察を舞台にした連作短編4作を収録。主人公は水上署で次席を勤める五条警部、アメリカ帰りでサーベルの達人でもある。深い洞察力で事件を解決していく。ロシアやイギリスなどの軍艦、商船も頻繁に出入りする函館。警察制度も徐々に整備されつつあった時代、税関などの官庁組織についての記述も面白い。中でも特徴的なのは、外国海軍士官たちの服装について細かく書いているところだ。「ダブルの上着で、金釦は十個、金筋の肩章が幅広の折襟に少し隠れている。白シャツに黒絹のボウタイをつけ、左胸のリボンに白いマルタ十字の勲章がぶら下がっていた。白い柄の短剣を提げたベルトは、ライオンの顔を浮き彫りにした丸い金色の尾錠二つを、白鳥の首二つをS字にしたフックでつないだものだ」といった具合。表題作の他は、「聖アンドレイ十字 招かれざる旗」、「函館氷室の暗闘」、「冬に散る華」。
                                                (図書館から借りた本)

DSC00929 (1).jpg 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

海鮮丼 [最近食べたもの]

海鮮丼ランチ  @徳樹庵大宮店

  ほんの少しではあるが、確定申告での還付金が振り込まれたので、かみさんとランチに出かけた。今回は和食、大宮中央デパート5階にある徳樹庵。人数に合わせた個室タイプの部屋がたくさんある。注文したのは海鮮丼ランチ、ざるそばとのセットだ。そばもなかなかの味、海鮮丼のネタもGood。おいしくいただきました。 

DSC01159 (1).jpg
DSC01160 (2).jpg
DSC01161 (2).jpg


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

ボルドーワイン(ANAマイルを交換) [最近やったこと]

ANAマイルでワイン  フランス ボルドー2009年グレートヴィンテージ5本セット

  2月からANAのマイルが1マイルからショッピングポイントに交換できるようになった。これは便利、本当に助かる。早速使える当てのなかったマイルをポイントに交換した。7000ポイントを少し超えたので、数百円をクレジットカードで払うことにして、8000円のこのワインセットを注文した。10000マイル以下のマイルも有効に使えたのがうれしい。

DSC00853 (1).jpg 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

近くを散歩 2016-02-24 [日記]

曇り空、風冷たく

  朝の天気予報ではお日様マークが並んでいたのに、空には分厚い雲が張り付いたまま。速足で1時間ちょっと歩いた。さすがに体が暖まる。まだ春の兆しはほとんど感じられなかった。今日見かけた野鳥、ツグミ、カワラヒワ、ジョウビタキ、カワウ、ヒヨドリ、スズメ、キジバト。 

DSC01152.jpg 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

「鄧小平」 [最近読んだ本]

 

「鄧小平」  エズラ・F・ヴォーゲル著 聞き手=橋爪大三郎
講談社 講談社現代新書  2015年11月20日刊  800円+税

 

   稀代の日本および中国の研究家、エズラ・ヴォーゲル。彼には同じく「鄧小平」というタイトルの大著がある。上下2巻で1200ページにもなるという。この本はそのエッセンスをインタビューという形で聞き出したもの。インタビューは日本語で行われたとのこと。鄧小平は3度も中央から退けられながらもその都度復活、改革開放政策を推し進めた。今の中国のもとを築いたと言ってもいいだろう。1978年には日本を訪れている。その時新日鉄を見学したり、新幹線に乗ったりしたことがニュースで伝えられたことをおぼろげに覚えている。                              (図書館から借りた本)

DSC00927 (2).jpg 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

都心の庭園 2016-02-22 [日記]

小石川後楽園 (文京区後楽)

  北野神社の後はすぐ近くの小石川後楽園へ。江戸時代初期に水戸徳川家江戸上屋敷に作られた築山泉水回遊式庭園。今は都立庭園で、国の特別史跡、特別名勝に指定されている。シニア料金で入場。ところどころにある雪つりが優美な姿をみせている。どこもきめ細かい手入れが施されていて、すがすがしい。梅林には紅梅白梅がほどよくまじりあい、ちょうど見ごろを迎えていた。ゆっくり歩いていると心が洗われるような気持になってくる。

DSC01138.jpg
特別史跡、特別名勝 小石川後楽園正門

DSC01000.jpgDSC00992.jpg
DSC01134.jpg
雪吊り、職人の技が光る

DSC00994.jpg
DSC01006.jpg

DSC01010 (1).jpg
DSC01015.jpg
円月橋

DSC01045.jpgDSC01047.jpg
DSC01068.jpg
DSC01061.jpg
DSC01058.jpgDSC01055.jpg
梅林は静かな佇まい

DSC01095.jpg
干ばつでも枯れず、洪水でもあふれず不老水と呼ばれる井戸

DSC01090.jpg
DSC01108.jpg
DSC01124.jpg
DSC01132.jpg


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:

牛天神 2016-02-22 [日記]

牛天神 北野神社  (文京区春日)

  神社に梅はよく似合う。ここ牛天神は地下鉄後楽園駅から歩いても10分とかからない。参道の急な階段を登るとこじんまりとした神社。天神様なのでもちろん祭神は菅原道真公、またこの神社は源頼朝ゆかりの神社でもある。頼朝がこの地に立ち寄った際、牛に乗った道真公の夢を見たという。頼朝が腰かけた石が「撫で石」として祭られている。作法にのっとってこの石を撫でると二つの願いが叶うということだ。紅梅がきれいだった。 

DSC00943.jpgDSC00945.jpg
北野神社の標柱と階段の参道 

DSC00947.jpgDSC00953 (1).jpg
2月1日から25日まで紅梅祭り 

DSC00966.jpg
北野神社拝殿 

DSC00968.jpg
向かって右側の狛犬は子持ち狛犬、授乳中だ

DSC00984.jpg
撫で石(願い石)、願い事は作法に従って・・・ 

DSC00972.jpg
DSC00977.jpg
みごとな紅色


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

ウィンドブレーカー [最近買ったもの]

ウィンドブラスト ジャケット  メドーグリーン  @モンベル イオンモール羽生店

  ポルカテックスという名のナイロン製。撥水性能と耐摩耗強度が抜群だと謳っている。小さくたたんで持ち歩くこともできるので便利。専用のポーチもついている。色は赤、紺、黒と少し迷ったが結局ちょっと派手目のグリーンに。少し暖かくなってきたらこれを着て出かけてみようか。5,200円+税

DSC00937.jpg 


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

「戦後70年にっぽんの記憶」 [最近読んだ本]

 

「戦後70年にっぽんの記憶」  橋本五郎編 読売新聞取材班著
中央公論新社  2015年12月10日刊  1,800円+税

 

  各界65人にインタビューした戦後70年。美輪明宏、張本勲、五木寛之、半藤一利、杉下茂、山田洋治、ドナルド・キーン、へんりへ・キッシンジャー、利根川進、榊原英資、森英恵・・・、登場人物は実に多彩。あの夏、その後の日本、それぞれの思いが迫る。読売新聞渾身の書。
                                                (図書館から借りた本)

DSC00925 (1).jpg 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「ローマの教室で」 [最近(ネットで)見た映画]

 

「ローマの教室で -我らの佳き日々-」  原題: IL ROSSO E IL BLU
監督:ジュゼッペ・ピッチョーニ
主演:リッカルド・スカマルチョ、マルゲリーチ・ブイ、ロベルト・エルリッカ
2012年/イタリア/102分  @WOWOWオンデマンド

 

  ごく普通の公立高校に国語の補助教員として赴任してきたジョヴァンニ(スカマルチョ)。なんとか生徒のやる気を引き出そうと努力する。誤解から生徒の心を傷つけてしまうことも。女性校長のジュリアーナ(ブイ)、学校にできることは限られている、学校の内と外は区別すべきと考えている。美術史を教える老教師のフィオリート(エルリッカ)は頭が空っぽの生徒たちに飽き飽き。性格も全く異なる3人の教師、それぞれがある意味問題をかかえる生徒たちとのかかわりから、だんだんと自分たちも変わっていく。生徒たちが抱える問題もさることながら、むしろ先生たちに視点を置いたところは新鮮だ。たんたんと学校現場の日常が描かれると言ってしまえばそれまでだが。イタリア映画は久しぶりか。

教室_6.jpg
教室_4.jpg
教室_5.jpg
教室_1.jpg

教室_7.jpg 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。