So-net無料ブログ作成
検索選択

セウォル号沈没事故 [最近(録画で)見たテレビ番組]

アナザーストーリーズ「セウォル号沈没事故 ~生死を分けた101分~ 」 
@NHK BSプレミアム

  2014年04月16日、韓国の貨客船セウォル号が沈没、304人もの犠牲者を出した。韓国史上最大の海難事故。多くの犠牲者が高校生というのも痛ましい。船が傾いていくにもかかわらず、「現在の位置で動かず、手すりに掴まって待機してください」とのアナウンス。高校生たちはこの指示に従って命を落とした。何よりもまず「救命胴衣を着けて船外に脱出してください」と指示すべきなのに。船員よりも早くSOSの第1報を発信したのは一人の男子高校生だった。この通報を受けた海洋警察の対応も実にも拙劣だ。船員と思い込んだのか緯度と経度を知らせなどと言っている。ある漁業指導船の航海士は事故を知り40Kmも離れたところから急行した。彼が見たのは周りに多くの船がありながら、救助活動が行われていない奇妙な光景だった。彼は単独でセウォル号に近づき、28人を救助することができた。あきれたことに船長は真っ先に脱出している。それであれば船内にどのくらいの人数がいるかも把握できただろうに、海洋警察は救助に入っていない。見ているだけでも怒りがこみ上げてくる。番組では事故の真相を明らかにすべく、取材活動を続ける一人の女性雑誌記者の活動も紹介される。この番組を見て私も一度목포(木浦)を訪ねてみたくなった。無数の黄色いリボンがひらめくあの港を。

セウォル号_3.jpg

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。