So-net無料ブログ作成
検索選択

「宮本常一」 [最近読んだ本]

別冊太陽 日本のこころ148 「宮本常一『忘れられた日本人』を訪ねて」 
平凡社  2007年08月10日刊 2007年10月05日第2刷  2,200円+税

  稀有の民俗学者宮本常一の生誕100年を記念して刊行された。その生い立ちから足跡を写真と共に紹介している。生涯に16万キロを旅したと言われ、多くの記録を残した宮本。この本の中では、戸田昌子の「宮本写真をどう読むか」という文がとても興味深い。「宮本の写真は、いわゆる上手な、すぐれた写真であるとは言えないし、(中略)単なる資料としての、あるいは写真としての価値判断を超えて、私たちはそこで宮本常一という人が写真を通して何を見つめていたのかを発見することができる」。「それは徹底して宮本が『見た』ということの記録であるといえる」。2009年に佐野眞一の「旅する巨人」を読んで初めて宮本常一を知ったので、多分そのころに買ったもの。

DSC00609 (1).jpg

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。