So-net無料ブログ作成

「新 日本言語地図」 [最近読んだ本]

 

「新 日本言語地図 -分布図で見渡す方言の世界-」  大西拓一郎編
朝倉書店  2016年12月15日刊  6,000円+税

 

  国立国語研究所の共同プロジェクトで行った全国方言分布調査の結果を項目ごとに分布図にしたもの。専門家向けの研究書である。もとより専門家ではないので単に興味本位で見た。例えば質問文、「このあたりで普通ニクと言ったら、どの肉のことをいいますか」では、東日本は豚肉、西日本は牛肉とはっきりわかれている。ジャガイモについてはジャガイモ、ジャガタライモがほぼ全国に分布しているが、岩手にはゴショイモがあり、福島、茨城ではカンプラ、中国地方にはキンカという名前がある。カンプラもキンカも聞いたことがない。明後日の次の日は、西日本ではシアサッテ、東日本ではヤナサッテが多く分布している。私は千葉県の出身だが、3日後はシアサッテ、4日後はヤナアサッテだ。モノモライもメバチコやメボ、メコジキなどおよそ70も呼び方がある。             (図書館から借りた本)

DSC_4812 (1).jpg 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。