So-net無料ブログ作成

田んぼアート 2014-07-25 [日記]

田んぼアート 古代蓮の里(行田市)

  行田市にある古代蓮の里、6月に続いて今年2度目。今回は田んぼアートが目的。前回は田植えが終わったばかりだったので、そろそろ図柄もはっきりしてきたのではと思って猛暑をおして出かけてみた次第。それにしても暑い、これはもう危険な暑さだ。
  今年のテーマは「古(いにしえ)の行田」、以下行田市のサイトにある説明です。「中央に光り輝く『国宝:金錯銘鉄剣』を掲げる仲睦まじい古人、その後方には世紀の大発見の舞台となる『稲荷山古墳』、さらに右側には全国唯一の出土品で行田市郷土博物館所蔵の『重要文化財:旗を立てた馬形埴輪』を縁起の良い“左馬”で、そして左側は古代ロマンが可憐に花開く『天然記念物:行田蓮』」。
  係の人の話によると埴輪の部分のオレンジ色の稲の生育があまり芳しくなく、一部黄色の稲を移植しているとのこと。今年はもう一度秋に、そう10月の初旬にもう一度行ってみようと思う。稲が稔るとどんな色合いを見せてくれるだろうか、今から楽しみだ。 

DSC_9907.jpg
図柄もくっきり、今年は市制65周年に当たるとか

DSC_9926.jpg
古代人にズームイン

DSC_9900.jpg
下に降りて見れば・・・、埴輪の足の部分 


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 2

yon57822

moon45さん

素敵な田んぼアートの紹介、有難うございます。
出来上がりを細かく計算して植えた苗たちが大きくなって完成した図柄を作って居るんですね。
一つ一つの力が合わさって出来上がっているのが素晴らしいです。

それにしても梅雨明け後の猛暑は夏・夏・夏
余り冷たいものが好きではない私も思わずかき氷が恋しくなります。
by yon57822 (2014-07-27 10:45) 

moon45

こんなにも色の違いがはっきりとした稲が何品種もあるんですね。
刈り入れはまず最初に図柄のない周りの部分から始めるそうです。稔りの秋が楽しみです。
by moon45 (2014-07-27 20:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。