So-net無料ブログ作成
検索選択

トルコの旅 Day9 帰国  [旅行記]

[2月24日(日)] 帰国

  2月16日から24日まで無事トルコの旅を終えることができた。今回は10人の参加者のみなさんいい人たちで何のトラブルもなく旅を楽しむことができた。バスでの全走行距離はおよそ2,600Kmにもなった。駆け足でトルコの西半分を左回りにぐるっと回った形だ。ほぽ日本の2倍の国土を持つトルコ、地方によって気候も大きく異なる。エーゲ海の暖かさ、中部高原地帯の雪景色などなど、そして多くの遺跡やカッパドキアの奇岩群の風景も物珍しかった。 食事もそれぞれおいしく、それよりも何よりも好感をもったのはトルコの人たちの穏やかな顔、顔、顔。街を歩いても不安感を覚えることがなかった。今回は旅行代金も安く、旅の仲間にも恵まれとてもラッキーだった。今旅を終えたばかりだというのにまたどこかに行きたくなっている自分がいる。
 帰って次の日か、驚愕のニュースが飛び込んできた。そうエジプトでの気球事故。カッパドキアで気球に乗ったばかり、その時は事故が起き得ることなど想像もしていなかった。ただただ楽しく、素晴らしい体験だったのに。あのような悲惨な事故が二度とないようにと祈るばかりだ。
 夕方5時ごろ無事成田着。旅行中留守を守ってくれた家族や、仕事を代わってくれた皆さんに感謝いたします。おかげさまで心おきなく旅行を楽しむことができました。ありがとうございました。 

IMG_6177.jpg
IMG_6179.jpg
ドーハ-成田間で出た2回の機内食 

   今回初めてデジタル一眼レフカメラ(NikonD300)を持っていった。D300は少し古い機種で大きく重い。でも大きさも重さもまったく気にならなかった。レンズは昨年末に手に入れたトキナーAT-X DX 12-24mm、描写力もさることながらズーミングしてもレンズの長さが変わらないのもいい。結局これ1本で通した。Nikonの18-105mmも持っては行ったが使わずじまい。D300とトキナーの広角ズームは私にとって最良の組み合わせのように感じた。なぜか手にしっくりとなじむのだ。
 もう1台いつものデジカメCanon Power Shot G1X。主に下車観光のときはNikon、車窓から撮るときはCanonでという具合に、この2台で撮った枚数が合わせて約3,000枚になった(多過ぎだろ)。10数年前にニュージーランドに行った時36枚撮りフィルム10本を持って行き、ずいぶん多いなと思ったことがあるがもう時代は大きく様変わり。枚数を気にせず撮れるのがデジカメのいいところだろう。 それにしてはいい写真がない? う~ん、それはカメラのせいではなく腕の問題で・・・。いずれにしても整理するのが大変(楽しみ?)だ。 


nice!(1)  コメント(3) 

nice! 1

コメント 3

NecoYanagi

お疲れさまでした。

気球はいいねぇ。
(気球の事故は知らなかったけど(笑))

というかだ、いつのまにレンズ調達。。。
しかも、12-24ってまた、高いレンズを。。。orz
高倍率レンズ(18-105)は確かに便利だけど、やっぱりそれなりな感じにしか撮れないと思う、腕前抜きにしても。
となると、単焦点レンズに行き着くと(笑)

オイラは。。。買えない。。。予算が。。。orz
by NecoYanagi (2013-03-11 23:09) 

moon45

はい、気球は最高でした。今回はいろいろな幸運に恵まれた旅行だったと思います。
広角ズームはとある雑誌の比較記事でトキナーにしました。(Nikonは価格的に手が出ない) タムロンやシグマと比べても(一番重いが)断然光源に強い。太陽があっても平気。(気球のところに1枚あります)
ISO100、単焦点レンズ原理主義も貫いてみればいいかも。
by moon45 (2013-03-12 20:00) 

なかむらひでひろ

トルコに行きたくなりました!!

次はどこに行こうとしているんですかね??
by なかむらひでひろ (2013-03-14 07:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。